実はカツラ!? ジャスティン・ビーバー本人が語る10の事実

ジャスティン・ビーバーが、デイヴィッド・レターマンの人気トーク番組『The Late Show With David Letterman(レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン)』に出演し、「ジャスティン・ビーバーについて知られていない10の事実」というコーナーに出演した。

このコーナー、司会のデイヴィッドが1から順に「デタラメな事実」を発表するスタイルが多いのだが、この回では、ジャスティン自身が自分についての「知られざる事実」を発表した。それでは10の事実を見ていこう。

10、僕の新作の香水「Someday」は低カロリーのサラダ・ドレッシングにぴったり。

9、他人のガソリンを盗んだことで刑務所に8か月いたことがる。

8、ブレイクして最初に購入したのはパンを4枚同時に焼けるトースター。

7、魅力的にならない方法がわからない、どうしても魅力的になってしまう。

6、僕は「ジャスティン・ビーバー」に変身しているだけで、本当の姿は「グリーン・ランタン」なんだ。

5、ケヴィン・ジェームズのことが好きじゃないんだよね。(ケヴィンは控室で次の出番待ち中の俳優)

4、このコーナーに出演しなくてすむように、自分の広報スタッフに泣きついた。

3、先週、自分のサインをもらうのに、間違えて(サインを求める)行列に2時間も並んでしまった。

2、お母さんから「今日の司会者はラリー・キング(米の有名司会者)じゃないのよ」って忠告された。

1、(髪の毛をぽりぽりかいて)これカツラなんだ。

ジャスティン・ビーバー 10の事実(実際の映像)

かなり「デタラメな事実」を自分でも楽しみながら発表してゆくジャスティンに、スタジオから歓声が何度もあがっている。とりわけ7番目の事実「魅力的にならない方法がわからない、どうしても魅力的になってしまう」と言ったあとの表情が、かわいらしすぎると評判になっているようだ。かなり渋めの人気トーク・ショウに出演し、自身の「作られたイメージ」で堂々と笑いをとるジャスティンは、やはりタフなポップ・スターだといえるだろう。

---
■関連記事
「世界で最も影響力がある100人」にジャスティン・ビーバーらが選ばれる

■関連フォトギャラリー

%VIRTUAL-Gallery-125756%
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー