トム・クルーズ夫人で女優のケイティ・ホームズが、ハリウッドではもはや常識と化している美容整形について語った。


目や鼻の整形だけでなく、現在はあごを削ったり、ほほにインプラント(詰め物)をしたり、お尻を上げたり、そして額をつり上げたりと、整形の種類はさまざま。ハリウッドでは最近、元アラスカ州知事の娘でタレントのブリストル・ペイリンがあごの整形手術をしたと告白している(本人はあくまでも「医療目的」と説明)。

『InStyle』8月号のインタビューで、加齢に伴う体の変化について聞かれたケイティ。「そうね。まあ、唇には(ボトックス注入など)何もしないでしょうね。もしそうしたら、私の姉妹が黙っていないと思うわ(笑)」と答えていた。ちなみにトムの元妻ニコール・キッドマンは、かねてからボトックス注射でおでこのシワ取りをしていたことで有名だ。

また、ハリウッドでも美容整形に積極的でない女優はほかにもいるようで、サラ・ジェシカ・パーカーは「確かに歳は取っていくわ。でも、ジタバタしたってしょうがないじゃない」と告白。ジュリアン・ムーアも、自然にまかせるのが一番と主張している。

一方、ミーガン・フォックスは最近、自身のボトックス疑惑をシワシワの額の写真で否定。だがその唇は、ややふっくらとしていたので、新たな疑惑を呼んでいる(墓穴を掘った!?)。

---
■関連記事
ケイティ・ホームズ、娘スリちゃんの成長に幸せを感じる
レディー・ガガ、「美容整形なんて、リスクが大きいだけ!」
キム・カーダシアン、「お尻の整形疑惑」をレントゲン写真で完全否定!
副大統領候補だった元女性知事のお騒がせ娘、整形の事実を認める


■関連フォトギャラリー