モリッシー、「いけすかない奴」&「お肉」締め出し令を発動中!?

ギャラガー姉妹 (SH)
モリッシーが最近、2つの事件で話題を集めてしまった。
まず1つは7月11日のこと。デンマークはコペンハーゲンで行なわれたモリッシーのライヴ会場から、"Morissey-Solo"というブログの編集 者、デイッド・ツェンが締め出されたのだ。ツェンはその際、警備スタッフに「自分で何をしたかわかっているだろう」と言われたという。そう、ツェンはブロ グにモリッシーの私生活やキャリアの選択を批判する内容の投稿をしていて、さらに「Morissey-Soloなんてクソ食らえ」と書かれたTシャツを着 て彼のライヴに現れたのだ。モリッシーはこのサイトを実際に見たそうで、ツェンは生涯、モリッシーのライヴには出入り禁止となってしまった。まあ、ツェン の自業自得といえばそこまでですが。

そしてもう1つの事件は、7月13日に明らかになった。英『デイリー・メール』紙が伝えたところによると、7月8日に開催されたモリッシーのライヴで、観 客の荷物が入念に調べられたという。これは、長い間ベジタリアン(菜食主義者)として知られるモリッシーが、自分のライヴに肉製品を持っている人がいない か調べるのが目的だったようだ。

観客の1人は、「警備担当者がやってきて、私のバッグを調べはじめたんです。中に肉製品は入っていないかってね」と、英『ミラー』紙に話している。

ザ・スミス 「Meat is Murder」


このままいくと、今後は自分に批判的なブロガーやビーフジャーキーは絶対に、モリッシーのライヴには入れなくなるだろう。
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング