8月23日(現地時間)、ハリウッドで活躍のスターがロサンゼルスのベラスコ・シアターにて「スカーフェイス」初ブルーレイ化イベントのため、再集結した。
主演のアル・パチーノのほか、KISSのジーン・シモンズやリュダクリスなど新旧ハリウッドセレブが応援にかけつけた本イベント。記者会見では、これまで一度も来日したことのないアル・パチーノが28年目の想いを語った。





「スカーフェイス」は、世界屈指のギャング映画として、1983年に制作され、その後現在まで人気を誇る名作。
レッドカーペットには、アル・パチーノ他、スティーブン・バウアー、ロバート・ロッジア、F.マーレイ・エイブラハム、そしてプロデューサーのマーティン・ブレグマン他が参加し、他にもジーン・シモンズ(KISS/ミュージシャン)、リュダクリス(ミュージシャン)、エドガー・ライト(「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」、「ホット・ファズ」監督)他、ハリウッドセレブが応援にかけつけた。

これまで、一度も来日したことがなかったアル・パチーノに、来日しなかった理由を尋ねると、「行く理由がなかっただけだよ。何かあったら行ってたと思う。それじゃ、数年以内に必ず日本に行くようにするから、呼んでね。約束だよ。」と満面の笑みで答えた。

記者会見の主なQ&Aは以下のとおり:
Q.撮影中、何かおもしろいエピソードはありましたか?
アル・パチーノ(トニー・モンタナ役):銃を使うシーンで、一度、手に大けがをしたんだ。そのとき、近くの病院にアル・パチーノじゃないですよね?」と聞いてきたので「そうだよ。そのまさかだよ。」と答えると、「よかったわ。ホームレスかアル・パチーノかどっちかしらと思ってたのよ。」なんて言われたことがあったんだ。(会場、爆笑)

Q.映画を撮っていて、何か影響されたことはありますか?
アル・パチーノ: あの作品を撮っていた頃、あるオフのときにガールフレンドとデートしてたんだ。二人で散歩してると、犬が僕に向かって、かなり激しく吠えたんだけど、その時、犬に向かって、咄嗟にファイティングポーズをしちゃったよ。その瞬間、まさにあの短気で喧嘩早いトニー・モンタナが乗り移ってたね。無意識だったけど、オフのときでも役に入っちゃって、焦ったよ。(会場、笑)

Q.この作品は、劇場公開当初、何かとマスコミに叩かれることもありましたが、今はだいぶ評価が変わってきたように思われますが、いかがでしょう?
スティーブン・バウアー(マニー・リベラ役y): 映画を見るお客さんからは大好評だったんだけど、マスコミには叩かれましたね。当時は、ギャング映画でここまでバイオレントな作品はなかったし、そういう意味ではギャング映画の歴史を築いたとは思うけど、マスコミの書いた記事を読むのは辛かったね。
アル・パチーノ: 胃が痛くなるほど辛かったね。あまりにも酷くて、皆にそういう記事を読むなって言ってたし、とにかくお客さんの反応だけを信じようと関係者全員に言ったよ。

Q:当時、そのバイオレントな部分は、話題にもなったけれど、ずいぶんバッシングもされましたよね。
F.マーリー・エイブラハム(オマー役):そういえば、映画出演が決まって台本を読んですぐに母親に電話して言ったよ。「僕が出る次の映画は絶対見ちゃダメだよ。」ってね。そしたら、公開後すぐに母親から、「なんなのあの酷い言葉使いは!」と大興奮で電話がかかってきた。母親は(アル・パチーノ同様)イタリア人なんだけど、「イタリア人は、あんな言葉使いはしません。アル・パチーノ君に、ちゃんと言っておきなさい。あんな映画は、二度と出ちゃだめよ!」て言われたよ。(会場大爆笑)
とにかく、F●CKという言葉の連発に、母親は嘆いていたね。まぁ、その時代にかなりの衝撃を与えた映画だってことには間違いないよね。

Q:この作品は28年前に公開されましたが、当時(1983年)公開されるのと、現在公開されるのとでは、やっぱり違いますか?
アル・パチーノ:28年前にこの映画が公開されて、僕たちがまさに「ギャング映画」の歴史を変えたと言っても過言じゃないと思う。もしこれが来週公開されるとしたら、今日までの映画史はまた違うものになっていて、まさに公開される1週間後に映画史は変わることになるんじゃないかな。それぐらい、この映画は映画界に一石を投じたと信じている。

※フェイスブックで掲載中のレポートはこちら
https://www.facebook.com/ScarfaceTheMovie


----------------------------------

DVD情報
アル・パチーノの最高傑作ヴァイオレンス!!
『スカーフェイス プレミアム・エディション 』


2011.07.27発売!
10月5日(水) Blu-ray(デジタル・コピーディスク付)リリース
■北野武のギャング映画やHip Hopカルチャーにも影響を与えた、バイオレンス映画の歴史的傑作、待望のブルーレイ化!
■全編に溢れるヴァイオレンス。特にラストの銃撃戦は有名。
■70年代の「ゴッドファーザー」と対で語られる80年代アル・パチーノの代表作
《特典映像》
☆スカーフェイス旋風/未公開シーン/☆トニー・モンタナの世界/『暗黒街の顔役』からのリメイク/キャスティング/メイキング/TV放映版との比較/☆スカーフェイス・スカイビラ ☆BD初特典 © 1983 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED
<商品概要> 品番:GNXF-1237 価格:\3,990(税込) 原題:『SCARFACE』音声:英語5.1chDTS MA 日本語5.1ch Dolby Digital 字幕:英語・日本語 画面サイズ:スコープサイズ尺:本編170分+特典映像142分
<スタッフ> 監督:ブライアン・デ・パルマ / 脚本:オリバー・ストーン
<キャスト> アル・パチーノ/スティーブン・バウアー/ミシェル・ファイファー/メアリー・エリザベス・マストラントニオほか

---
■関連記事
<ガガ来日!>『徹子の部屋』に出演、いよいよ本日ひる1時20分~1時55分放送!

■関連フォトギャラリー