ジェームス・ブラウン、死因は心臓発作ではなく殺された!?

ギャラガー姉妹 (SH)
ジェームス・ブラウンの広報担当の女性、ジャック・ホランダーが、実はJBは心臓発作ではなく殺されたのだとして、調査のため私立探偵を雇っているという。

さらに探偵を雇ったことを公にした後に脅迫を受けたことから、身の危険を感じて隠れているらしい。2006年のクリスマスに亡くなったソウルの巨人、JBの公式な死因は心臓発作とされているが、ホランダーはこれを否定。また、2008年に殺されたJBの義理の息子ダレン・ルマールも"知りすぎた"から消されたのだという説もある。彼の死は地元ジョージアのテレビ番組に出演した際「私は義理の父が心臓発作で死んだなどという馬鹿げた話は全く信じていない。」と発言した直後の出来事であったことによる推測だ。

ホランダーの意見によれば「彼は真実を公表しようとしたから殺された。私も真実を知っている人間だから、恐怖にさらされて暮らしている」のだそう。彼女が雇った私立探偵も、いくつも怪しい点があるとしてこの意見に同意しているようで、彼女は「真実は1つ」と確信を持っている様子だ。

さらに、ミスター・ダイナマイトこと、JB近辺で起こった疑わしき点はまだある。昨年JBの娘が「死体解剖を免れるため父の遺体が何者かによって盗まれた」ことを公表し、「父の死はどう考えてもおかしい点がたくさんある。罪を犯した者たちが裁かれるのを心から願っている」と発言しているのだ。真相はいかに...!?

関係ないが、以前JBの背の高さについて口論になった2人の男性が、一方を誤って射殺してしまうという事件もあった。そして実際のところ、JBの身長は165センチだったそうな。
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング