2009年に公開され、カップルのキュートさと絶妙な楽曲集で人気を集めた映画『(500)日のサマー』。劇中でカップルを演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットとズーイー・デシャネルがこのほど、デュエットした映像を公開した。


2人が披露したのは、ナンシー・ウィルソンの「What Are You Doing New Year's Eve?」のカバーで、ズーイーが友人たちと運営するサイトHelloGigglesに投稿された。まずはその歌声をチェックしてみよう。

ズーイー&ジョセフが歌う「What Are You Doing New Year's Eve?」


ズーイーが1980年、ジョセフが1981年生まれとほぼ同世代の2人。ズーイーは「ジョー(ジョセフ)とはかれこれ12年の付き合いになるわ。2000年に映画『Maniac』の撮影で出会ったの。2人ともハリー・ニルソン(シンガー・ソングライター)とニーナ・シモン(ジャズ歌手)が好きで、それ以来ずっと親友ってわけ。『(500)日...』の撮影現場では、ランチタイムにマーヴィン・ゲイを一緒に歌ったりもしていた。今後も共演したいわ」とコメントしている。

ズーイーとジョセフのフォトギャラリーはコチラからどうぞ!

自身の32歳の誕生日でもある1月17日は、出演中の人気シットコム『New Girl』の今年最初の放映日にもあたるズーイー。一方のジョセフは、日本でも公開中のガン闘病コメディー『50/50 フィフティ・フィフティ』のほか、『ダークナイト・ライジング』や『Premium Rush』、『Looper』、『Lincoln』と全米公開作が目白押しだ。

■関連リンク
歌声も結構イケる! ジョセフ・ゴードン=レヴィットがニルヴァーナの名曲を披露
ズーイー・デシャネル、ウクレレをかき鳴らし歌声を披露!
いくらなんでも多才すぎ!?  ジョセフ・ゴードン=レヴィット、今度はフランス語で熱唱

■関連フォトギャラリー