レディ・ガガ、「デフ・レパードに大きな影響を受けている」

ギャラガー姉妹 (SH)
レディ・ガガは、<The Sun>誌のインタビューで、自身が大きく影響を受けたアーティストの1組がデフ・レパードであることを明かした。
その名前を聞いて意外に思う人間は多いだろうが、明らかに初期のガガのアーティスト象を形作ったのはフィル・コリンたちであると言えるだろう。その片鱗が見られるからだ。

「私の音楽の中は、レフ・レパードのスタイルが本当に多く存在しているわ。コーラスのメロディとかね。だけど私のはダンス・ミュージックなの。あたしはアヴァンギャルドなテクノ・ロックだと呼んでいるわ。とってもハードでエッジーなものよ」と語るガガ。自分の作る音楽はロックに影響は受けたものだが、ロック音楽ではないと主張している。

ガガは、ニュージャージ州の自宅にて父親からレコードを聴かされて以来、長い間メタル・ロックのファンだったという。彼女は特に、デフ・レパードの「Pour Some Sugar on Me」で奏でられるセクシーな音に夢中になっていたようだ。

そして念願かなって、ガガはヒット曲「You and I」で、レフ・レパードの長年のプロデューサー、ロバート・ジョン・ランジと共作することができたガガは、「エレクトロ音楽とテクノソングを利用したんだけど、私はあのアンセミックなコーラスとともに、メタル/ダンス/テクノ/ロック/ポップミュージックを作ったの。だってそれが私の好きな音楽なんだもの」と最新アルバムについて語っている。

様々なチャレンジを試みているガガ。そのうち彼女の敬愛するデフ・レパードとのコラボレーションも実現するかもしれないので、楽しみに待とう。

■関連リンク
マドンナ、ガガの盗作疑惑に対して言及!「私の曲の素晴らしい復元」
ガガ、エルトン・ジョンとのデュエットを発表!さらに次のお相手はクリス・マーティン!?
レディー・ガガ、「恋人がいても幸せじゃなかった」
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー