50セント、飢餓に苦しむソマリアとケニアを支援

ギャラガー姉妹 (SH)
ナイロビ、ケニヤ<AP>通信社によると、ラッパーの50セントは現在、WFP(国連世界食糧計画)と手を組んで、長年続く内戦と昨年起こった大干ばつに見舞われて飢餓に苦しんでいるソマリア、そしてケニアの支援を行っているという。

50セント本名カーティス・ジャクソンは、先週水曜日にソマリアのドーロ地区に渡った。ソマリア全域を襲い、何万人もの命を奪った大規模な飢饉から逃れるために、大勢の女性と子供が渡ったといわれている地域だ。

50セントは10億食分の食糧を彼らに提供することを約束し、彼がプロモートしている栄養ドリンク「ストリート・キング」を販売するごとに10セントずつWFPへ寄付すると宣言した。


<The U.N.>は先週、ソマリアの半年間に渡って続いた飢饉は終息に向かったと宣言したが、依然として何万人もの人々が生き残るために食糧が必要なのが現状なようだ。英国政府は今回の飢饉の影響で5万人から10万人が命を落としたと予測している。50セントの活動が呼び水となり、一刻も早く事態が収束することを願うばかりだ。


■関連リンク

Xジャパン、タイ洪水被災者支援のためのチャリティ・オークション開催
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー