イリーナ・シェイクといえば、その美貌や『Sports Illustrated』誌の水着特集で見せた、セクシーな表紙写真、そしてスペイン版『GQ』誌にヌードを披露(※)したことで知られるロシア人モデルだ。



一方、キャサリン妃といえば...イリーナとはいろんな意味でかなり違う。

だが"キャサリン妃のような"ドレスに似た服でロンドンの街を歩くイリーナは、ほんの一瞬ながらもキャサリン妃と見間違うほど。イリーナのラップドレスは、キャサリン妃がウィリアム王子との婚約発表時に着ていたドレスを思い起こさせるが、色や長さ、そして黒のベルトといった要素は、キャサリン妃が先月、公の場で初めてのスピーチをしたときに着ていたリース(Reiss)のドレスに驚くほどよく似ている。

イリーナはブラウンヘアの持ち主で、これまたキャサリン妃と同じ。さらに黒のパンプスという点も同じだ。

果たしてイリーナは、(水着などのセクシー系よりも)上品なスタイルを目指しているのだろうか。だとすれば、キャサリン妃ほど最適なお手本はいないだろう。とはいうものの、先日、やや見せすぎてしまったのも記憶に新しいところで...。

ちなみに<Huffington Post>での読者投票では、「どちらが似合っているか」との質問に対し、キャサリン妃が約68%、イリーナが32%という結果が出ている。

2人が同じドレスを着た写真や、イリーナのファッション・ギャラリーはコチラからどうぞ!

マイアミのビーチで戯れるイリーナ&アン・V

※撮影時には何かしら身に着けていたのだが、フォトショップでヌードに"された"として、イリーナ側がスペイン版『GQ』誌に訴えを起こしたといわれている。

■関連リンク
トップショップ、キャサリン妃...最新ファッション・ニュース
シック&ゴージャス! 読者からの支持が高かった、セレブの最新ファッション
ケイティ・ペリー、イギリスの王子からデートの誘いか[外部リンク]

■関連フォトギャラリー