全裸で被害者男性の顔を半分以上食いちぎった男を警察が射殺、「バスソルト」による錯乱か

米フロリダ州で、全裸の男性がもう一人の男性の顔を食いちぎりむさぼり食うという、猟奇的な事件がありました。

[閲覧注意] 文章中の描写が一部不快な可能性もありますので閲覧の際はご注意ください。

先週土曜日の午後2時頃、メモリアルデーの連休を控えた暑いマイアミで、警察に普通では信じられない通報がありました。

「マッカーサー陸橋の下で、全裸の男がもう一人の男性の顔を食べている」

自転車に乗っていて通りかかった目撃者のラリー・ベガ(Larry Vega)さんは、「顔を食いちぎっているのを見て、おいやめろ、と 叫んだが、一向にやめず食べ続けたんだ」と語りました。振り向いた口の中には人肉の塊が見えたということです。あたりは血の海で、ホラー映画のようだった、と他の目撃者は語りました。

通報を受けマイアミ警察が駆けつけましたが、警察官に被害者から離れるよう指示されても男はやめる様子を見せず、動物のようにうなり、相手の顔を食べ続けました。

やむを得ず警察官は発砲しましたが撃たれても止めないので、続けて全部で6弾発砲することになり、男は死亡しました。被害者は一命をとりとめましたが重体で、マイアミ警察関係者が地元のNBCに語ったところによると、「顔の75%から80%くらい、破損してなくなってしまっていた。」とのこと。その後監視カメラにあった記録から、男は食いちぎった肉を飲み込んでいたこと、暴行は18分にも及んだことなどがわかりました。

警察は捜査中のため事件の詳細を公表するのを控えていましたが、容疑者の名前はルディ・ユージーン(Rudy Eugene)、31歳と地元のメディアが発表しました。被害者のロナルド・ポッポ(Ronald Poppo)さん(65)はマイアミのダウンタウンに長く住むホームレスの男性で、路上で休んでいて暴行にあったのはこれが初めてではないということです。


当初警察は、容疑者がコカインの過剰摂取による急性で一時的な「コカイン精神病」(cocaine psychosis)になっていたのではないかとしていましたが、29日の報道によると、「バスソルト」(bath salts)と呼ばれる合成覚せい剤の影響下にあったようだと訂正しました。

「バスソルト」は多くの州で規制されていますが連邦政府の薬物法による規制はなく、比較的容易に入手できる薬物で、アンフェタミンやメフェドロンを含んでおり、被害妄想や幻覚症状、攻撃性の増大などを引き起こします。また、体温の急上昇につながる場合もあり、それで容疑者が服を脱ぎ捨て全裸になった、と見られているようです。

地元メディアの取材に対して、ユージーン容疑者を知る人々は、温厚な性格で笑顔が魅力的ないい友人だったと語ったそうですが、高校を共にして1年半彼と結婚していた元妻のジェニー・ダクタント(Jenny Ductant)さんは、「精神病とかではなかったと思うけれど、被害者意識の強い人だった。暴力をふるうようになったので離婚しました」とマイアミヘラルド紙に語りました。

記事元:HuffPost(1), HuffPost(2), HuffPost(3), HuffPost(4), HuffPost(5)

■関連ビデオ
「マイアミゾンビ」顔食いちぎり事件の被害者「順調」 病院が新たに写真、治療経過を発表
「人食い」ではなかった「マイアミゾンビ」 解剖の結果体内に人肉はなし、新たに薬物検出
「マイアミゾンビ」顔面食いちぎり事件、隣ビルの防犯カメラがとらえた18分に及ぶ一部始終

■その他のおすすめビデオ
これが究極のペット供養!? 愛猫をラジコンヘリに改造してしまったアーティスト!
イタリアの生協は楽し過ぎ!? ハッピーさで原曲ビデオを越える関係者総動員の手作りCM!
これにNOと言える女の子はいない!!先週実際におこった伝説作りのプロポーズ!
厳選「子犬 vs 階段」! ドキドキ崖っぷちを下りる気分で初めてのチャレンジ!
白昼堂々、全裸でショッピング! 生まれたままの姿は権利のひとつ!?

もっと見る
続きを読む