"仕事と遊びを混同してはいけない"とはよくいわれますが、ハリウッドにはこれは一切当てはまらないようです。


というわけで<Huffington Post>では、実生活だけでなく仕事(=映画)でもタッグを組んだハリウッド・カップルをご紹介!

リチャード・バートン&エリザベス・テイラー
『バージニア・ウルフなんてこわくない』(1966年)
実生活では1964年に結婚した2人。この作品でも夫婦を演じ、エリザベスはアカデミー賞主演女優賞を、リチャードも主演男優賞にノミネートされた。彼らはこのほかにも、『いそしぎ』(1965年)や『じゃじゃ馬ならし』(1967年)などの映画で共演している。


ヴィヴィアン・リー&ローレンス・オリヴィエ
『美女ありき』(1941年)
1940年に結婚したヴィヴィアンとローレンス。新婚時代にこの映画で共演し、ヴィヴィンはオリヴィエの愛人を演じた。2人は20年後の1960年に離婚。


ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー
『Mr. & Mrs. スミス』(2005年)
今のハリウッドを代表するゴージャスなカップルといえばこの2人。すべてはこの映画から始まった。法的には"夫婦"ではないが、4月には婚約したことも明らかになっているし、すでに6人の子供を育てているので夫婦のようなもの。


ライアン・フィリップ&リース・ウィザースプーン
『クルーエル・インテンションズ』(1999年)
映画公開前の1998年に婚約したリースとライアン。リースは真面目でイノセントなアネットを、ライアンは彼女を誘惑するお金持ちのセバスチャンに扮している。ちなみにこちらも、2007年に正式に離婚した。


■関連リンク
自分の娘と瓜二つ!? おマセなリース・ウィザースプーンが見られる映画の予告編
往年のハリウッド女優に学ぶ、マネしちゃいけない教訓
ミーガン・フォックスがエリザベス・テイラーに!? アルマーニの最新CM

■関連フォトギャラリー