先日行われたベルリン公演の楽屋で、マドンナの娘であるローデスが母親の定番(?)ステージ衣装 'とんがりブラ' をこっそり拝借し、大胆なセクシー・ポーズで写真撮影をしていた。


この刺激的なコスチュームは、1980年に行われたツアー「Blonde Ambition tour」の際にマドンナが身につけていたものだが、現在行われている「MDNA」のツアーで復活させたようだ。



今年の4月、<ITV Daybreak>のインタビューに応じたマドンナは、「娘には自分のようになってほしいと思わない」と語っていた。「ローデスに私の後を追ってほしいなんて思わないし、彼女も私のようにはなりたくないって思っているわ。彼女自身であり続けてほしいわね」「彼女は既にたくさんのことができるの。ピアノも弾けるし、ダンスもできる。それに歌だって歌えるのよ。でも彼女自身まだ本当にやりたいことが何なのか気づいていないようだし、何にしても私は彼女にプレッシャーを与えようとは思っていないわ。彼女にはいつも自然体でいてほしいから」

それでも今回の写真を見ると、やはり血は争えないというか、この母親にしてこの娘ありというか...ローデスは成長するにつれ母親に似てきているように思えるのは気のせいだろうか。

関連ニュースの映像



■関連リンク
マドンナ、娘ローデス・レオンに影武者を雇う
マドンナ、乳首に続いてヒップを露出!