世界ラリー選手権で車がコースアウト! ブドウ畑を突き抜け電柱に激突した瞬間

6日、フランス北東部アルザスで行なわれた「世界ラリー選手権」(WRC)で、レース中に事故が起きた際の映像をお届けします。(人間は無事でしたが、ブドウは痛い思いをしました。)
この車を運転していたのは、ノルウェーのペター・ソルベルグ。2003年WRCの世界チャンピオンで、スバル・ラリーチームのエースだったこともあるので、日本でご存知の方も多いのではないでしょうか。

ソルベルグはこの日4位でスタートしましたが、レース中突然コースアウト。ブドウ畑を突き進み、道路を乗り越えてまた別のブドウ畑に突っ込んだ後、電柱に激突してようやく止まりました。

電柱は衝撃で倒れ、切れた電線が車や他の電線に当たり火花が飛び散りました。もう少しでソルベルグを助けに駆けつけた観客に当たるところでしたが、幸いなことにけが人は出なかったそうです。

ステアリングと右前のサスペンションが大きく壊れ、レースはリタイヤすることになりましたが、ソルベルグ本人は無傷でした。「全開」のニックネームを持つ彼は、「葉っぱが邪魔で、よく見えなかった」と語ったとか。(それは、ブドウ畑を突っ走り続けたらそうでしょうね...。)

<こちらは車載カメラからのアングル>


記事元:The TelegraphDaily Picks and FlicksYouTube(1)、YouTube(2)

■その他のおすすめビデオ
壮大スケール! オーストラリアの空から降り注ぐ満天の星と、電波望遠鏡のダンス
曲げても伸ばしても、なすがまま! お人形さん状態でポーズをとれちゃう子ネコ
誰のお尻が一番? ブラジルの美尻コンテスト「ミス・ブンブン」、投票受付中!
【間抜けなドロボー事件簿】車のドアを閉め忘れ、盗んだソファを店員に逆にとられた!?
お腹のすいたクマが庭に出現! お隣の肝っ玉おばさんがとった対応は...?
もしやスマイルを買いに!? 米南部2か所で『Googleマップ』のマック上空に現れたUFO!

もっと見る

最新の海外セレブ・映画・ドラマ情報、Autoblog・TechCrunch・Engadget日本版はこちらから
続きを読む