ブラッド・ピットシャネルの代表的な香水、N°5の新たな顔に選ばれたことは今年の春にご紹介したが、このほどその新たなCMが完成し、お披露目された。


ブラッドが選ばれたとき、<Huffington Post>ではこれまでN°5のモデルを務めたニコール・キッドマンと比べると、やや違和感があるのではないかと思っていた。今回を含むブラッドの映像が公開された今も、それは消えていない。

シャネル(CHANEL)側はブラッドを起用した今回のキャンペーンを"これまでで最も女性らしいフレグランスに対する、1人の男性の視点"としている。またこのCMの前には、「君はどこかへ行くのかい?」「自分でラッキーだと思う?」などといった、不思議な疑問を投げかける映像集も公開していた。

ブラッド・ピット in There you are CHANEL N°5(日本語字幕付き)
「世界は変わり 我々も変わる」

今回の出演で700万ドル(約5億5,000円)ものギャラを手にするというブラッド。<Huffington Post>は"我々が数年前に見た彫りの深い色男というよりは、ブルックリンの気の置けないバーからふらっと出てきた男に見える"とやや手厳しいのですが、あなたはどう思いますか?

■関連リンク
ビヨンセ、リース、ジャスティン...セレブが手がけた人気フレグランス
白も似合う? シャネルのロマンチックなドレスを着たエマ・ストーン
レディ・ガガ、シャネルのジャケットで日本を出発 インドネシア公演は中止

■関連フォトギャラリー