必見! クロエ・グレース・モレッツ主演のホラー『キャリー』リメイク版映像

クロエ・グレース・モレッツ主演のホラー映画『キャリー』のトレーラー映像が公開された。


『キャリー』トレーラー映像 第1弾


本作は、ブライアン・デ・パルマ監督の同名ホラー映画(1976年)のリメイク版(原作はスティーヴン・キングの同名小説)。監督は『ボーイズ・ドント・クライ』のキンバリー・ピアースだ。76年版では自分をいじめた人々に復讐する女生徒キャリーをシシー・スペイセクが演じ、アカデミー主演女優賞にノミネートされた。一方のリメイク版ではクロエがキャリーに扮しているのだが、共演者からは早くもその演技力を絶賛されている。キャリーを苦しめる母親マーガレットを演じたのはジュリアン・ムーアだ。

10月13日にはニューヨーク・コミコン2012にも登場し、「一番楽しかったのは、最初の2週間でしょうね。その後は"ベタベタ"で"ビショビショ"になっていった。外は(摂氏)4度くらいで、凍えるほどだったわ」と撮影を振り返っていたクロエ。また撮影には大量の血液が使われたのだが、"濡れた血"に"煮えたぎるような血"、"乾いた血"など、さまざまなタイプの血があったという。

『キャリー』の全米公開は2013年春、日本公開は同年5月を予定している。

『キック・アス』について語るクロエ・グレース・モレッツとクリストファー・ミンツ=プラッセ
■関連リンク
【PHOTO】クロエ・グレース・モレッツ、リメイク版『キャリー』で血まみれに!
「モールス」~今後イチオシ、クロエ・グレース・モレッツに見るハリウッドのティーン女優
クロエ・グレース・モレッツ、キュートな魅力が全開のファッション

■関連フォトギャラリー

%VIRTUAL-Gallery-140796%
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
Watch

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング