高校に通おうが通わまいが成功する人は成功するのが社会の常識ではあるが、浮き沈みの激しいショー・ビジネスの世界で勝利を収めたかれらの退学理由を知るのも面白いものだ。





エリック・クラプトン

音楽のキャリアをスタートさせる以前、クラプトンはキングストン大学でステンドグラスのデザインを学んでいたが、ギターにのめり込み、出席日数が足りなくなって退学処分となった。その2年後にヤードバーズに加入したクラプトンは、今はロックの殿堂にヤードバーズ、クリーム、そしてソロ名義で3度表彰される 名ギタリストとして知られている。


フランク・シナトラ

フランク・シナトラは高校に入ってわずか47日で暴力を理由に退学処分となった。しかし、2001年、トニー・ベネットの計らいでフランク・シナトラ芸術学校がニューヨークのアストリアに開校している。


ジャ・ルール

ジャ・ルールは現在銃刀法違反と脱税の罪で刑務所に入っているが、この時間を活用しているようだ。ジャは、2012年2月にGEDを取得し、大学レベルのビジネスコースの受講を目指した。ちなみに汚職の罪で服役中の元政治家アラン・ハヴェシと、元タイコ社のCEOで、横領の罪で同じく服役中のデニス・コズロース キーの2人がジャ・ルールに勉強意欲を与えたと言われている。


ジェイ・Z

ノートリアス・B.I.Gやバスタ・ライムスと同じ専門学校に通うなど、複数の高校に通った経験を持つジェイ・Zは、卒業こそできなかったが、その後エンター テイメント階随一の実力者となった。しかし現在は教育に熱心で、2002年にはデトロイトの学校で「一日校長」も務めている。愛娘ブルーアイビーは、間違 いなく有名校へ通うことになるだろう。


カート・コバーン

長年いじめを受けていたカートは、卒業数週間前に退学。しかし、金銭的に余裕の無かった彼は、母親に家を追い出された後、路上で暮らすことになり、最終的に 用務員として同校へ戻っている。現在彼の生まれ故郷アバディーンの入り口にはニルヴァーナの楽曲名と同じ「カム・アズ・ユー・アー」の看板が掲げられてお り、街を訪れる人達を優しく迎え入れている。


リンゴ・スター

リンゴ・スターは勉強が嫌いで低学歴になったわけではない。リンゴは幼い頃胸膜炎を患ったことから2年間を病院で過ごした。これが原因で学業に遅れを取ってしまい、結果的に退学している。


メアリー・J・ブライジ

ニュー ヨーク州ヨンカーズにあるルーズヴェルト高校に通っていたメアリーは2年から3年に進級することができなかった。ちなみにこの高校はエアロスミスのスティーヴン・タイラーがドラッグ使用を理由に退学処分を受けた学校としても知られている。しかしメアリーは2010年に無事卒業したことを明かし、また当時はハワード大学に通いたいと言っていたが、2012年現在大学へは進んでいないようだ。


■関連リンク
クイーン、MJ、ガガ...最高のパーティー・ソング10選
ホイットニー、クラプトン、エタ・ジェームス...ロマンチックな楽曲集
ジャーニー、ガンズ、エアロスミス...ベスト・オブ・パワー・バラード


■関連フォトギャラリー