【真似はおすすめしません】アン・ハサウェイが10キロ以上痩せた壮絶『レミゼ』ダイエット!

Aya Nakazato
『レ・ミゼラブル』(Les Misérables)を直訳すると「悲惨な人々」の意味だが、この新作映画に向けてアン・ハサウェイ(30)が実行したダイエットも「悲惨ダイエット」と言えるかもしれない。



娘を養うために髪の毛を売る娼婦ファンテーヌ役を演じるために、トレードマークの栗色の髪を短く刈ったアン。それがピクシー・カットと呼べるくらいに伸びて、アニー・リーボヴィッツの担当で撮影され米『Vogue』誌12月号の表紙を飾った(下)。

「『レ・ミゼラブル』の撮影中に急激なダイエットで痩せ過ぎか?」と以前報じられ、健康を心配されていた彼女の広報はその時<Huffington Post>に対して、「それは誇張です。1日500カロリーは摂っていますし、そんなに減量していませんよ」と言っていた。(500カロリーでも足りないと思うが...。)

しかし『Vogue』誌のインタビューの中で、アンは役作りのため合計25ポンド(約11キロ)痩せるのに、かなり過酷なダイエットをしたことを明かした。前作の『ダークナイト ライジング』のために彼女はヴィーガン(完全菜食主義)ダイエットを実行し、かなりの肉体トレーニングを積んですでに締まっていたから、それ以上痩せるのは至難の業だったろう。

撮影に入る前に、アンは厳しいクレンズダイエットでまず10ポンド(約4.5キロ)減量。その後、1日に2つの小さな「乾燥オートミール・ペースト(※)」しか口にしないダイエットで、2週間でさらに15ポンド(約7キロ)落としたという。

「強迫観念に駆られてなきゃできなかったわ」と彼女は『Vogue』誌に語った。「死にそうに見えなくちゃいけなかったから。振り返ってみると...確かに尋常じゃなかったわね。現実離れしてたけど、それがファンテーヌって役だと思うし。」(ファンテーヌは劇中、結核を患う。)

「肉体的にも精神的にも喪失状態になって」 撮影を終え、自分を取り戻し日常生活に順応するのに何週間もかかったという。


アンが初めて、文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基にしたこのミュージカルを見たのは7歳の時。他ならぬ彼女の母親が、代役としてファンテーヌを演じることになった日だった。

「絶対に忘れないわ。そこに座って、ただ泣きじゃくってた。母が死ぬところを見てたからじゃないわ、それもあったとは思うけど。単にものすごく感動して、彼女と、音楽と...そして劇の全てとの繋がりを感じたの。その日からずっと、この劇を愛してきたのよ」とアンは話した。

今回の映画化では普通のミュージカル映画製作とは違い、撮影は全てがライブ本番勝負で、生の音楽と共に舞台演劇のように行なわれた。俳優はそれにより役柄に集中でき、出す感情も深いものになったという。母が演じるのを見て以来アンがどうしてもやりたかった役、ファンテーヌ。『レ・ミゼラブル』で、変わり果てファンテーヌと化した彼女の姿を見るのが楽しみだ。

※オートミール・ペーストは、オートミールを粉状にひいたものに少量のお湯を混ぜ固めのペースト状にしたもの。アンはこれを小さい板状に(おせんべいのように?)乾燥させて1日2枚食べたそうだが、普通は自然療法で虫刺されや痒みを治める塗り薬として使われる。

映画『レ・ミゼラブル』公式サイト: www.lesmiserables-movie.jp
『レ・ミゼラブル』Facebookページ: www.facebook.com/lesmiserables.movie

■関連ビデオ
<『レ・ミゼラブル』メイキング映像:出演俳優たちが、ライブ撮影の様子を語る>


■関連リンク
話題作『レ・ミゼラブル』からポスター2枚が公開...最新映画ニュース2
トム・クルーズ、アン・ハサウェイ、マイケル・ムーア...聖職への道を目指していたセレブ
アン・ハサウェイ、結婚式の写真の売上の一部を同性結婚の支援団体などに寄付!
有名セレブを大量投入し「最後のお願い」をするオバマ大統領
アン・ハサウェイ、結婚! 式を手がけたのはナタリー・ポートマンと同じ人物か

■関連フォトギャラリー
%VIRTUAL-Gallery-161342%

記事元:HuffPost(1)HuffPost(2)HuffPost(3)PeopleVogue5min(AOL)
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング