さくら学院が卒業イベント開催! 中元すず香ら卒業生を送り出す

"教室エンターテインメント"をコンセプトに掲げる"成長期限定ユニット"さくら学院が、3月31日(日)東京国際フォーラムホールCにおいて「The Road to Graduation Final ~さくら学院2012年度卒業」を開催し、約1500人の父兄(=ファン)が見守るなか、学院の全課程を修了した生徒会長・中元すず香と、2日前のイベントで卒業を発表した杉本愛莉鈴を晴れやかに送り出した。

始業のチャイムが鳴り止み、担任・森ハヤシ先生が登壇。「それでは、出席をとります!」の号令を合図に生徒たちが駆け足で登場し、オープニング・ナンバー「目指せ!スーパーレディー」がスタートした。生徒紹介をユーモラスに盛り込んだこの楽曲は、サイコロ風のお立ち台を持って回りながらめまぐるしく展開するステージングも圧巻であった。

色とりどりのサウンドとメロディーが飛び出す「Planet Episode 008」、そして「ベリシュビッッ」と続き、最初のMCでは「すごい!国際フォーラムだよ!」「広~い!」と、3階席まである観客席を見渡しながら感動を露わに。さらに「2012年度、集大成のライヴですからね、私たちの1年間の成果をお見せできるように、今日はみんなで一所懸命がんばりますので、よろしくお願いします!」と力強く宣誓すると、新入生との初対面の様子や「TOKYO IDOL FESTIVAL 2012」をはじめとするイベントや学院祭など、この1年のトピックをVTRでプレイバックした。

さらには、帰宅部sleepiece「すいみん不足」、クッキング部ミニパティ、すでに貫禄がついてきた感もある科学部科学究明機構ロヂカ?、部活動の枠を越えた活躍だった重音部BABYMETAL、テニス部Pastel Windといった部活動ユニットも続々と登場。そして1人遅れて出てきた堀内まり菜の「ゴメーン!部活を掛け持ちしすぎちゃってぇ」で爆笑&拍手を浴びると言う一幕もあった。

ステージ後方のヴィジョンですず香の想い出映像が流れ、続いて彼女のソロ曲「桜色のアベニュー」へ。堂に入った歌唱で父兄を唸らせると、ふたたび全生徒がステージに登場。「WONDERFUL JOURNEY」で客席をさくら色のフラッグでピンクに染め、ステージ初披露の「スリープワンダー」では客席がネコとウサギ(=のフリマネをする人達)でいっぱいになった。

ステージもいよいよ大詰めとなったところ、「こうやって、今のメンバー12人でさくら学院の曲を歌っていけるのも限られて来てるんですよ。ここからは、私が先生にどうしてもやらせてほしいってお願いした3曲をみなさんに披露したいと思うんです!」というすず香のMCに続き、ファースト・シングル「夢に向かって/Hello ! IVY」のカップリング曲「School days」と、初期からファンに親しまれてきた「FRIENDS」、そして「夢に向かって」が披露された。



そして会場のBGMがおごそかな調べに変わり、舞台はライヴ・ステージから卒業証書授与式へ。小等部を修了した磯野莉音、大賀咲希、杉本愛莉鈴、学院の全課程を修了した中元すず香に、倉本美津留校長から卒業証書が手渡された。「いつまでも変わらない仲間として、心から応援しています。すぅちゃん、ありがとう!」と締めくくられた生徒会副会長・堀内まり菜の送辞に続き、すず香から答辞が読まれた。「私が生徒会長になることで、さくら学院は大丈夫なのだろうか?と不安に思っていた人はたくさんいたと思います。それでも『すぅちゃんなら大丈夫!』って励ましてくださった父兄のみなさん、卒業生、そしてついてきてくれた11人のメンバーたち、みんなのおかげで今日この日を迎えることができました」と感謝とともに、涙ぐむ在校生ひとりひとりにもメッセージを贈った。

最後に「旅立ちの日に」、そしてすず香の卒業シングルとなった「My Graduation Toss」を歌い終わり、在校生ひとりひとりから笑顔と涙に溢れたメッセージを受け取ったすず香は、「2012年度のさくら学院を見守ってくださって、本当に、本当に、ありがとうございました!」と生徒全員で深々と一礼。式典を凛々しく締めくくり、温かい拍手に包まれながら見送られていった。



■関連リンク
さくら学院 オフィシャル・サイト
http://www.sakuragakuin.jp/
続きを読む