2013年秋に全国ロードショーとなる、スタジオジブリ・高畑 勲監督作品『かぐや姫の物語』の主題歌に、二階堂和美の「いのちの記憶」が抜擢された。

巨匠・高畑勲、14年ぶりの最新作となる本作は「姫の犯した罪と罰。スタジオジブリが描く"かぐや姫"。かぐや姫は数ある星の中から、なぜ地球を選んだのか。この地で何を思い、なぜ月へ去らねばならなかったのか。彼女が犯した罪とは、そして、罰とはいったい何だったのか――」をテーマとした、日本最古の物語文学「竹取物語」に隠された、ひとりの少女・かぐや姫の真実の物語だ。