果てしない論争が続く、乙武洋匡氏の「隠れ家イタリアンレストランで食事ができなかった」問題。乙武氏が、楽しみにしていたイタリアンレストランに女性と2人で向かうも、エレベーターが使えなかったり、レストランの人手が足りないなどして店での食事がかなわず、連れの女性は泣き出し、それを見て昂奮した乙武氏は店名を実名でツイートしたという事件である。

乙武氏とレストランが双方のTwitterおよびブログで経緯を説明し、当事者同士のすれ違いは収束に向かうかと思われたが、論点はバリアフリーについての考え方と社会のあり方に発展し、ネット上で議論が続いていた。

すると今度は「当日現場に居た者ですけど、異論ある?」という人が登場し、また新たな火種となっている。


■当日現場に居た人からのツイート

5月30日、「千葉県八街市・シェフズ ガーデン エコ ファーム アサノ農夫の今村です」と名乗る今村タイチ(@GOEN_GmbH)氏が、「拒否問題で店主は下まで降りて来て丁寧にお断り、しかし同伴の女が何故か泣き出し、逆上した彼方は『世間に広めてやるー!』と。当日現場に居た者ですけど、異論ある?」と乙武氏にツイートしているのだ。

氏は野菜をレストランに卸す立場の人らしく、6月2日時点で乙武氏からの返信はないようだが、Twitterや2ちゃんねるでは

「店員に偉そうにする事がカッコイイって思ってる男の人っているよね」
「そもそもは乙武が事前確認を怠ったことが事の起こりなわけでどっちもどっちですらないわなw
そしてその場で済ましとけばいいものを後でネットで店名晒して信者に突撃させた行為ではてもじゃないが擁護できん」

など、改めて議論となっている。