21世紀に入って既に久しい昨今、かつてはSF映画のアイテムとしか考えられなかったようなハイテクアイテムが当たり前のように流通しているが、そうした当世であっても、我々は思わずその目を疑うような「未知の代物」に遭遇することがある。