乃木坂46・生田絵梨花の描き、公開当時、ファンを騒然とさせた「画伯系イラスト」、『生田絵梨花が見たE.T.』がフィギュア化され、注目を集めている。

この作品は、テレビ東京系の人気バラエティ「乃木坂って、どこ?」の昨年秋放送分で、生田が往年の人気SF映画『E.T.』をモチーフに四コマイラストを制作。その中で登場した「E.T.おじさん」を、特殊メイクや造型制作を手がけている「くろさわつ」氏がフィギュア化。完成後、同氏がtwitter上でこのフィギュアを紹介すると、瞬く間に話題となった。



なお、今回の作品は10枚目のシングルの発売に際し、生田が初めてセンターに抜擢されたこと、ミュージカル『虹のプレリュード』で初めて主演をすることを記念し、制作したものだというが、あくまで同氏の「趣味」の範疇でのもののようで、販売される予定はない見通し。しかし、この意外な形での「生田グッズ」に、ファンからは商品化を望む声が相次いでいる。

文・久保田太陽

【参照リンク】
https://twitter.com/kurok116/status/517664129255870466/