世の中には、いくつになってもその魅力が衰えないばかりか、歳を重ねるほどに、より艶やかな魅力を放つようになる女性が存在しているが、芸能界において"40代美女"の代表格とも言える、永作博美(43)と石田ゆりこ(44)が、10月からNHKで始まる新ドラマ『さよなら私』にW主演。それに伴い、現在、ネット上で「どっちがいいのか?」というバトルが、ユーザー間で激化している。



これは「石田ゆり子(44)と永作博美(43)どっちがいい?」というスレッドで行われているバトルで、石田ゆり子派のユーザーと、永作博美派のユーザーとで、それぞれがいいと思う部分について、コメントをぶつけあうというもの。以下はそのスレッドや、それを受けて各サイトやtwitter上などを中心に挙がっている意見だ。

<石田ゆり子(44)派の声>

・どう考えても石田ゆり子
・ぼくは石田ゆり子ちゃん!
・永作はアコムに出たことで格落ちした
・石田ゆり子は着物姿でエロさ増しそう
・石田ゆり子のが綺麗

<永作博美(44)派の声>

・永作博美は気さくな感じで親しみやすそう  石田ゆり子は高嶺の花って感じや
・永作一択
・永作博美は若い頃遊んでるだけに(想像)、話がわかる。
・永作博美は調理師免許も持ってるから料理にも期待出来る

...と、お互いに一歩も譲らず、それぞれが感じている魅力についてアツい想いを語っている様子。また、彼女たちのほかにも、YUKIや森高千里、中山忍らの名前を挙げるユーザーや、「どっちもすき」「付き合うならゆり子 結婚するなら永作」という、「両方どり」派の声も。

両者とも10代の頃からアイドルとして活躍し、今なお、第一線で人気女優として多くのファンを擁している。今後ともその妖艶な魅力に磨きをかけ、いつまでも現役であり続けることに期待したい。

文・遠山勤

■参照リンク
ドラマ『さよなら私』公式サイト
http://www.nhk.or.jp/drama10/sayonara/