ここ数年、世界各地では巨大な生物や、摩訶不思議な動植物が出現し、人々を驚かせることもしばしばであるが、先頃、カリフォルニア沖で発見されたこの巨大ロブスターは、捕獲後に行われた調査の結果、なんと推定年齢70歳になろうかという「海のヌシ」ともいうべき個体であることがわかった。現地メディアなどが伝えている。



今年10月にカリフォルニア沖のアナカパ島近くの海でこのロブスターを発見したフォレスト・ガラントさんは、「10年近く潜っているけど、こんな巨大なロブスターは見たことがないよ!」と興奮を隠せない。それもそのハズ、このロブスターの重量はなんと12ポンド(約5キロ)。もちろん、世界最大級の大きさだ。

ここ数年、付近の海域ではロブスターの乱獲が深刻化し、どんなに大きくても3ポンド(1キロ)程度のものが主流だったというから、地元が騒然となるのも納得である。

文・島田克彦

【参照リンク】
Catch of the day: Freediver gets a bear hug from 12 POUND lobster after finding huge crustacean in sea
http://www.mirror.co.uk/news/world-news/catch-day-freediver-gets-bear-4738750