3Dプリンターの義足で全力疾走できるようになったワンコに世界中が感動の嵐

AOLニュース編集部 捜査二課

先天性変形により前足が小さく肉球がない状態で生まれてきた犬のダービーくんはいつも元気だが、固い地面だと足先を深刻に擦りむいてしまうため、柔らかい地面しか踏みしめることができなかった。しかし、ニューハンプシャー州にある犬の愛護団体<Peace and Paws>を通して、3Dシステムズ社のディレクターのタラ・アンダーソンはダービーくんを救うことを決心した。


最初はダービーくんに車(カート)を取り付けたが、他の犬と遊ぶときに邪魔になるし、全速力で走るのは難しそうだった。そして試行錯誤の末に、同社のプロダクト・マネージャーのケビン・アトキンスと動物の義肢装具士のデリック・カンパナによるチームが「義足」を制作するアイデアを思いついたのだ。

チームは、3Dスキャナーや3Dモデリングソフトウェアなど最新の3Dテクノロジーを利用して、3Dプリンター(3Dシステムズ社の「ProJet 5500 MultiJet 3Dプリンター」)で義足の制作に着手。最初は人間のような義足を制作したが地面に埋まりやすいのが難点だったため、タラは弧を描いたデザインに変更。ついにチームはダービーにぴったりのオリジナル義足の開発に成功したのである。

【動画】http://youtu.be/uRmoowIN8aY


ダービーくんの里親であるドム&シェリー・ポルタノヴァ夫妻は、この義足に大感動。「ダービーが全力疾走する姿を見て驚いたよ。信じられない。今は妻と私と一緒に毎日少なくとも2~3マイル(3~5km)は走るんだ。誰よりも速く走るし、疲れ知らずで、すごく幸せそうだよ」とドムは語る。

最初に義足を取り付けたときダービーくんは、まるで自分の身体に自然に合ったかのように、すぐ走り出したという。さすがに慣れるまでに少し時間はかかったものの、チームが微調整を繰り返し、現在ではすっかり完璧な義足として機能しているそうだ。

自身の障害をものともしないダービーくんの健気な表情、そして義足のおかげで走り回れるようになった現在の姿を見ていると、つい目から汗が......。3Dプリンターの最良の使い方のひとつと言えるだろう。

【参照リンク】
・3D-printed prosthetic legs enable Derby the rescue dog to run for the first time
http://arbroath.blogspot.jp/2014/12/3d-printed-prosthetic-legs-enable-derby.html
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング