今年見舞われた大苦戦からの捲土重来を期すマクドナルドは、新年1月6日から、新しいサイドメニューとして、その独特な見た目が楽しい「カーリーポテトフライ」(税込320円)という商品を期間限定で販売することを発表した。



これは沖縄を拠点とする人気のファストフードチェーン・A&Wなどで「カーリーフライ」として提供されているタイプのポテトで、今年11月中旬には、一部の店舗で試験的に提供されていたようで、今回は期間限定ながらも、待望の全国展開となる模様だ。

しかし、11月の販売時にもそうであったように、ネット上からは「ついに全国展開か...どうでもいいけどなw」「正月早々またパクリやんけ...」「マクドにこんなん求めてねえのにな」「まさか名前と調味料をちょっと変えただけとか?」「唯一不評じゃなかったポテトを改悪とかw」「来年も迷走しそうだなw」と、あまり芳しい声は上がっていない様子。

同社によると、今回はこの「カーリーポテトフライ」のほかに、ソースやトッピングで楽しむ「クラシックフライ with チーズ」や「クラシックフライ クアトロチーズ」なども提供予定のことだが、今年は新商品をリリースしても、大幅な売り上げ回復に繋がる気配がなかっただけに、果たしてどの程度の巻き返しを行えるのか、注目したいところだ。

文・山沖和彦