秋元康、2020年東京五輪のJAPAN48構想を「あるわけないだろ」と一蹴


このところ、大手メディア上などを中心に取り沙汰されていた、いわゆる「JAPAN48」構想について、その発言に注目が集まっていた秋元康氏が「あるわけないだろ」と一蹴。注目を集めている。


これはトークアプリ・755上でのファンとのやりとりの中で明かされたもので、秋元氏はファンからの「東京オリンピックでJAPAN48やるのってマジすか......(震え声)」という質問に対し、「あるわけないだろ。国の大切な行事だぞ」と回答。先頃明らかとなった「NGT48」誕生に関する報道を機に、なぜか一部メディア上で報じられていた、東京五輪に際してのJAPAN48に関する構想を否定した形となった。

そもそもこの問題は、2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会について、秋元氏が理事をつとめているという背景などから、「開会式総合プロデューサーに就任」「各グループ選抜の"JAPAN48"を結成する構想がある」などと実しやかに報じられていたことが背景にあり、そうした報道を受ける形で、タレントのマツコデラックスや、歌手の椎名林檎などが嫌悪感をあらわにするなど、当の秋元氏をよそに一部でも批判が殺到していた。

今回、改めて秋元氏によって「あるわけない」と否定された「JAPAN48」なる構想。ネット上では「安心したわw」「バッシング派は顔真っ赤やなwww」「本人が発表したわけでもないのに噛み付いてたやつw」「そもそもどっからこんな話出たんだよw」といった声が相次ぐ中、氏が総合演出を担当するか否かはまだ判然とはしないものの、この構想そのものについては、やはりというか、単なる怪情報に過ぎなかったようだ。

文・山沖和彦

【参照リンク】
http://7gogo.jp/lp/0lwsnpA3SdaWkVIvojdMdG==/5174
続きを読む