サッカーなどと同じくバスケにおいてもフェイントは大事なスキルの1つだが、ある女子バスケの試合で信じられないフェイントが成功した。

大学の女子バスケの試合で、白×エンジ色のユニフォームのチームがエンドラインからスローインをしようという場面。コート内の選手たちは敵も味方も当然ボールを待ち構えていたが、スローイン担当の選手はその"常識"を逆手に取り、背中を向けている相手選手のお尻にボールをぶつけた!

そして跳ね返ってきたボールを自らキャッチし、そのまま華麗にシュートを決めたのである。

http://youtu.be/HPtgjBS-b0c


突然&まさかの出来事に興奮する実況と、唖然とする相手チームの面々。それは動画を見た人たちも同じのようで、

「こりゃいっぱい食わされたわ」
「思わず何度も見てしまったけど、うまくやったね!!」
「こんなことが、まかり通ってしまっていいのか?」

と、驚きと称賛、そして困惑の声が寄せられている。