150人を逮捕した警察犬が安楽死に・・・病院に向かう元同僚に警官達が敬礼し見送る

AOLニュース編集部 捜査二課

長らく警察犬として活躍したジャーマンシェパードが病気のため安楽死させられる最後の日、彼を見送るために集まった、かつての仲間である警察官たちの姿があまりに「感動的」と話題になっている。



この犬は、米ニュージャージー州の警察署で任務にあたっていたジャーマンシェパードの"ジャッジ(審判員、鑑定家などの意)"。9歳のジャッジは2007年から約6年間、警察犬として職務を遂行し、現場に出た回数は280回、150人を逮捕した名犬だった。しかし、体調不良のため2013年に現場を引退、その後、クッシング病(副腎皮質機能亢進症)と診断され投薬治療を受けていたが、2014年の夏ごろから健康状態が著しく悪化し、手の施しようのない末期状態であることが明らかに。本人も非常に辛そうな状態だったため、最終的に、動物病院で安楽死させるという決断をとることになったのだという。

「もう会えない」という思いと、これまで共に任務にあたってきた長い年月もあってか、ジャッジを病院へと送り届ける道中には大勢の警官がずらっと並び敬礼する姿があった。衰弱のため、自力で歩くことは不可能だろうと思われていたジャッジだったが、車で病院に到着すると、最後の力を振り絞り警官たちが整列し敬礼する前を自分の足で歩き、病院へと入っていったという。口にはお気に入りのおもちゃを加えていたそうだ。




【参照リンク】
・Police officers line the streets as veteran K-9 unit is taken to be put down | Daily Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2964631/A-hero-s-farewell-Police-officers-dogs-line-streets-veteran-K-9-unit-taken-hospital-down.html
・Terminally Ill Police Dog Given Hero's Farewell
http://news.sky.com/story/1432676/terminally-ill-police-dog-given-heros-farewell
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング