Superfly、ニューAL収録曲で竹内まりやとのデュエットが実現!


5月27日(水)に約3年ぶりのオリジナルアルバム『WHITE』をリリースするSuperfly。初回生産限定盤には邦楽5曲をカバーしたミニアルバムが付くのだが、その中の1曲、竹内まりやのナンバー「Sweetest Music」で竹内本人とのデュエットが実現した。




同曲のカバーに際し

「竹内まりやさんの武道館ライブで初めてこの曲を知りました。ライブ中に、あまりにもカッコよくて体中が熱くなったのを覚えています。いつかカバーさせて頂きたいと思っていました」

とコメントしていたSuperflyの志帆。竹内とのレコーディング当日は緊張しながらも、終始和やかなムードだったという。

そして無事にデュエットを果たしたあとは

「憧れの楽曲を、憧れの大先輩とデュエットさせていただき、本当に幸せなひと時でした。スタジオで、生の歌声を聞かせていただいた時、まりやさんのカッコよくも深みのある歌声に衝撃を受け、全身が震えました。まりやさんとのデュエットは、宝物です!素晴らしい機会を与えていただき、心から感謝しています」

と告白。竹内も「こうやって30年前の楽曲を蘇らせてくれて嬉しい」と話していた。

ミニアルバムにはこのほか、桑田佳祐「Blue~こんな夜には踊れない」、井上陽水「帰れない二人」、RCサクセション「スローバラード」(※2012年の「RISING SUN FESTIVAL」のライブテイク)、佐野元春「楽しい時-Fun Time」をSuperflyがカバーしたものが収録される。

【参照リンク】
・Superfly オフィシャル・サイト
http://www.superfly-web.com/
・アルバム『WHITE』特設サイト
http://superfly-white.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー