このところ、若い頃に見せたものとはまた一味違った魅力で、にわかに脚光を浴びるアラサー&アラフォーの美魔女系女性タレントがしばしば話題となるが、そうした美魔女系芸能人旋風が吹き荒れる中、昨日6月9日夜に放送された日本テレビ系の人気番組『踊る!さんま御殿!!』に、Winkの相田翔子(45)が出演。その一切変わることのない美貌に、視聴者からの注目が相次いだ。



この日、同番組では「ヒミツを知っている友人が大暴露SP!」と銘打ち、乃木坂の松村沙友理&高山一実や声優のはいだしょうこ、カンニング・竹山、音楽家の新垣隆氏など、実に個性的な顔ぶれがスタジオに集ったが、視聴者の視線は彼らの中に混ざって出演していた相田翔子の美貌に向けられることに。Wink全盛期の頃と比べてはもちろんのこと、松村や高山といった現役の若手アイドルたちと一緒に出演していても何ら違和感のないそのルックスに、ネット上では「相田翔子さんめっちゃかわいい...」「この人ってホントに劣化しないよな」「ある意味、正真正銘の美魔女」と、改めて称賛の声が相次いだ。

1987年にアイドル雑誌『UP TO BOY』の第9代グランプリを受賞してから、早いものでもう28年。衰えを知らぬその魅力と美貌は、今後もますます注目を集めそうだ。



文・福原優也

■参照リンク
相田翔子 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/aida-shoko/