若者を中心に絶大な人気を誇るホラーゲーム映画版の続編、『青鬼 ver.2.0』(7月4日公開)にヒロイン杏奈役で出演した平 祐奈を直撃! 「普通のホラーと青鬼は違うので、ゲーム感覚で楽しみにしてほしいです!」と、前作とは異なる新章としてバージョンアップした本作を推した!


"青鬼"のリアルCGが「超怖すぎる!」として話題を集めた映画版の第2弾で、ファンの間で"ハンペン"との別称で絶大な人気を誇る青鬼の亜種"フワッティー"も登場する"ver.2.0"。ヒロイン杏奈役の平は、「今回初めて"青鬼"を知りましたが、グロくて苦手なホラー映画なので、すごく怖かったです。でも、その世界観にわたしも入るという不安と楽しみが、一緒に来た感じもありました!」と"青鬼"ワールド初参戦の感想を語った。

演じる杏奈は、不登校になっているクラスメイトのシュンの様子を見るために彼の家へと向かうも、おぞましい出来事に遭遇してしまう。室内での撮影は工夫が必要だったそうで、「シュン君の家でパソコンを眺めているシーンが多くて、その場所を動く時に段取りどおりに動いてしまうと、不自然になってしまうんですね」とエピソードを告白。ただ、「その経験を次の撮影現場で意識したら、よくできて。それは『青鬼 ver.2.0』の撮影現場で勉強したことなので、よかったことですね」と、女優として"収穫"があったそうだ。


また、「この作品と出会ってから、ホラー作品を楽しみに観るようになりました! だから、グロいけれど、わたしみたいにホラーを克服できる人がいるかもって思います」と、苦手なホラーを克服しちゃったことも報告! 「女の人は、フワッティーとか見た目がかわいいので、ちょっと楽しみな気分で劇場に行けるかなって。普通のホラーと青鬼は違うので、ゲーム感覚で楽しみにしてほしいですね!」と平も推す『青鬼 ver.2.0』に期待だ!

映画『青鬼 ver.2.0』は、2015年7月4日(土)より、全国ロードショー!

https://youtu.be/2IQpKrDpUwk


■参照リンク
『青鬼 ver.2.0』公式サイト
http://aooni-movie.com/