2016年夏全米公開となるデヴィッド・エアー監督『スーサイド・スクワッド』のファーストフッテージが、週末に開催されたコミコンで公開された。

https://youtu.be/PLLQK9la6Go


その時のフッテージ映像は即ネット上にリークされてしまったのだが、これを受け、エアー監督がワーナーに掛け合い、正式に映像を公開。監督は、「今回のリークは非常に残念だ。きちんと待っていたファンにフェアじゃないし、僕が望んでいたかたちでのお披露目では全くない」とややお怒り気味のツイートも。


気になる映像の中身はといえば、DCコミックの悪役たちが政府の超ハイリスクな極秘ミッションのためにかき集められるということで、とにかく悪そうなやつらが大集合。

今回初お目見えとなった女ヴィラン、エンチャントレス(カーラ・デルヴィーニュ)、ワニのような肌をもつ怪人、キラー・クロック(アドウェール・アキノエ=アグバエ)、女戦士カタナ(カレン・フクハラ)、念力で放火できるエル・ディアブロ(ジェイ・ヘルナンデス)、ロープを使うアサシン、スリップノット(アダム・ビーチ)、キャプテン・ブーメラン(ジェイ・コートニー)、サイコ美女、ハーレクイン(マーゴット・ロビー)、右目に特殊なゴーグルをつけている最高の暗殺者デッド・ショット(ウィル・スミス)、悪役ではないけれどグループをまとめるリーダー、リック・フラッグ(ジョエル・キナマン)、そして最後に登場するのは、"歩く狂気"を体現した見た目のジョーカー(ジャレッド・レト)だ。「殺したりはしない、ちょっと傷つけるだけだ」と銀歯丸出しでにこやかに言われるシーンは鳥肌モノだ。

現在も絶賛撮影中ということで、今回公開されたトレイラーは本当にできたてほやほやのシーンを集めた貴重なもの。ありがたすぎる初出し映像に世界中のファンからも絶賛の声が溢れている。

『スーサイド・スクワッド』は2016年8月5日、全米公開予定

■参照リンク
http://www.slashfilm.com/