『27時間テレビ2015』SMAP木村拓哉がバンジージャンプをクールに決めてカッコよすぎると話題に


7月25日夜に放送されたフジテレビ系の特番『FNS27時間テレビ2015』で、SMAPの木村拓哉が、いとも簡単に高所からのバンジージャンプを決め、そのあまりにクールな様子が「かっこよすぎる」と視聴者の間で話題となっている。



この日、同番組では『たんぽぽ白鳥本気のバンジージャンプ!ギネス世界記録に挑戦!!』と銘打ち、番組ゲストたちが次々とバンジージャンプに挑戦するシーンが放送されていたが、多くのゲストたちが尻込みする中、木村は特に躊躇する素振りも見せずにジャンプに挑戦。映画やドラマのワンシーンを彷彿とさせるほどの華麗なジャンプであったことから、ネット上の視聴者からは「かっけええええええ」「サクっと飛びすぎてビビったわ」「やっぱスターなんだなぁ」「くそかっこいいいいいいい!!!!!」「キムタク、すげえええええ」と、その度胸を称賛する声が相次いだ。

実はこのバンジー、高所であることはもちろんのこと、深夜ということで周囲の視界が悪く、その恐怖度はかなりのもの。事実、元・ボクシング世界王者の具志堅用高などは、高所恐怖症ということもあって挑戦前から血圧が急上昇し、最高血圧が200を超えてドクターストップがかかって断念したほど。そうした誰もが恐怖を感じて当たり前といった状況の中で、そのイメージのままに華麗なジャンプを披露した木村。その度胸と堂々とした立ち居振る舞いは、さすがはヒーローと言ったところだ。

文・福原優也



【参照リンク】
http://www.fujitv.co.jp/27h/index.html
続きを読む