間もなく日本上陸!「Netflixオリジナルドラマ」この10本を見逃すな!【動画】

AOLニュース編集部 捜査二課


間もなく日本上陸! ドラマや映画など映像コンテンツをネット配信する<Netflix>のオリジナルコンテンツTOP10を、<WatchMojo.com>が公開中だ。この動画を観て、今のうちに気になる作品を予習しておこう!

https://youtu.be/3pDYY-IvONc


10.『Sense8』(2015年~)
世界各地に散らばる赤の他人同士の8人が、ある日いきなり意思疎通できるようになってしまうというSFスリラー。『マトリックス』(1999年)のラリー&アンディ・ウォシャウスキー姉弟が脚本・監督を手がける。ペ・ドゥナにボコボコにされたい男子は必見だ。

9.『Chef's Table』(2015年~)
有名シェフ6人が料理の腕前を見せつけるドキュメンタリーシリーズ。美しくも厳しい料理の世界をこれでもかと見せつけられる。お腹が空いている時に観るのは危険かも?

8.『Arrested Development』(2013年~)
日本でも『ブル~ス一家は大暴走!』というタイトルで放送されたコメディドラマで、いまや人気俳優となったジェイソン・ベイトマンとマイケル・セラが映画『JUNO/ジュノ』(2007年)以前に共演している。過去作品を若い世代にリバイバルヒットさせてきた<Netflix>が、2013年から新シーズンを放送した。

7.『BoJack Horseman』(2014年~)
馬頭を持つキャラクター、BoJack Horsemanが主人公のコメディアニメ。人気(コメディ系)俳優ウィル・アーネットが声優を務める。ハリウッドのセレブカルチャーや映画業界を皮肉った内容が強烈だ。

6.『Lilyhammer』(2012年~)
ニューヨークに暮らすマフィアが、他のマフィアによる殺人現場を目撃してしまい、証人保護プログラムによってノルウェーのリレハンメルで新しい生活をはじめるという渋いドラマシリーズ。

5.『Unbreakable Kimmy Schmidt』(2015年~)
インディアナ州の田舎でカルト教団に15年間も隔離生活させられてきた29歳の女性、キミー・シュミットがニューヨークの都会へと引っ越してくる...というドタバタ系コメディドラマ。『サタデー・ナイト・ライブ』出身のティナ・フェイが製作を手がけている。すでに設定だけでメチャクチャ面白そう。

4.『Bloodline』 (2015年~)
米フロリダ州の細長い列島、フロリダキーズを舞台にしたスリラードラマ。人気ドラマ『ダメージ』を手がけたダニエル・ゼルマン、トッド・A・ケスラー、グレン・ケスラーが再びタッグを組んでいる。

3.『Marvel's Daredevil』(2015年~)
マーベルコミックス「デアデビル」の実写ドラマ。盲目の弁護士マット・マードックが、夜になるとデアデビルとして犯罪者と闘う姿を描く。ちなみに2003年にベン・アフレック主演で映画化されているのだが、彼が新バットマン役を引き受けたのは同作のリベンジ(つまり映画版は駄作)とのこと。

2.『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』(2013年~)
同名の実録手記を原作とする、女子刑務所が舞台の社会派コメディドラマ。NYでリッチな生活を送っていたお嬢様"パイパー・チャップマン"が、麻薬密輸の罪でムショ入りしたことで様々な女性たちと出会う。LGBT要素を盛り込んだことで同性愛者からの支持が非常に高い。

1.『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(2013年~)
日本でも高い人気を誇る同作は、鬼才デヴィッド・フィンチャー監督と名優ケヴィン・スペイシーが製作総指揮を務める、ハリウッド映画並みの豪華ドラマシリーズ。ケヴィン・スペイシーが主人公の政治家を演じており、ホワイトハウスを舞台に裏切りと報復のストーリーが描かれる。
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー