10月6日に放送された『踊る!さんま御殿!!3時間SP』(日本テレビ系)に、モデルの藤田ニコルと親友の紗蘭が出演。最新のギャル語を披露し、明石家さんまらを困惑させた。


「イマドキ女子」として出演したニコルと紗蘭は、オバサンに言われてムカついた事などを話し、スタジオを盛り上げた。トークの流れから若者言葉が話題に上ると、紗蘭は最近使われている若者言葉として「あーね、りょ」を紹介。意味は「あーなるほどね、了解」を略したもので、メールの返信などでよく使っているのだという。

これにさんまらは驚き、スタジオからは「略しすぎ!」「『了解』の方が早い」などの声が上がった。だが、ニコルと紗蘭は、了解と伝えるときはひらがなで「り」だけ送ればいいと話し、また音の響きの面白さから「ゴメンマッカートニー」という言葉があることも紹介した。

さんまは、音の響きの観点から新しい言葉を生み出していることに関心し、「言葉の響きなのか。『よっこいしょういち』と同じか」と"よっこいしょ"と"横井庄一"を掛け合わせた昭和50年代のギャグを挙げて妙に納得。最近の若者の間で「よっこいしょういち」や「あたり前田のクラッカー」を使っていることが判明すると、スタジオは大盛り上がりとなった。

これを観た視聴者は、ニコルと紗蘭が紹介した「あーねりょ」について、「斜め上すぎる」「笑うわww」「略し過ぎww」「まじか〜」「イマドキの人超めんどくせー」などとコメント。だが、中には「あーね りょ は確かに使うわ うちのママ通じる」「普通に使うっしょ笑」「あーねりょはもう古い」などのコメントもあり、一部の間では確かに浸透しているようだ。





https://youtu.be/eETGY0-4JmM


■参照リンク
『踊る!さんま御殿!!』公式サイト(毎週火曜よる7時56分から放送)
http://www.ntv.co.jp/goten/
藤田ニコル 公式ブログ
http://ameblo.jp/nicole-fujita/