マイク・タイソンの15歳アマチュア時代の試合映像が発掘され、その凶暴さが話題となっている。

https://youtu.be/fCu_qBFej4o


いまから34年前、1981年6月27日ジョー・コルテスという選手と対戦したタイソン。まだまだひ弱にも見えるが、ゴングが鳴ると冷酷な殺し屋としての本能を爆発させる...!一発目の高速左フックから"モノの違い"をひしひしと感じさせる。その後、前に踏み込んで2発のパンチであっさりKO、試合終了までの時間はわずか9秒だった。

この後、2度のジュニアオリンピックのゴールドメダリストとなりプロ入りすることになるマイク・タイソン。映像の3年後にはプロ入りし快進撃が始まるのだが、その予兆を感じさせる映像である。

https://youtu.be/fG9aX50QcRY


■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】