フジ系ドラマ『オトナ女子』の江口洋介がカッコよすぎると萌え死ぬ女性視聴者多数 「アゴクイやばい」「鼻血でた」


12月3日に放送されたフジテレビ系列の篠原涼子主演のドラマ『オトナ女子』の江口洋介が「カッコよすぎる」とネット上で話題になっている。



今回放送された第8話は、篠原涼子演じる働く40歳の独身女性・中原亜紀(篠原)と、偏屈な脚本家である高山文夫(江口洋介)との距離がグッと近づく回に。風呂上りのすっぴん状態で突然高山と定食屋でご飯を食べることになった亜紀。マスクもメガネをとった亜紀は、定食屋の庶民的な雰囲気も手伝い、完全に素の状態だ。高山もそんな亜紀を可愛く思ったのか、会話を重ねるうちに徐々に距離を縮めていく2人。

そして別れ際、名残惜しさがまだ残る中、それぞれの家路に向かう2人。しかし、なんと突然亜紀のマンションに、先ほど別れた高山がやってきたのだ。慌ててドアを開けて、「ど、どうされました・・・?」と不安げに訊く亜紀に、高山は、普段のクールさを保ちながらも、照れながら「・・・どうしても会いたくて・・・」と一言呟き、すかさず「お邪魔します!」と強引に部屋に入る。部屋で顔を合わせた2人が気まずい雰囲気の中で佇むところで8話は終了した。

そして次回予告では高山が亜紀の顎をクイと持ってキス、さらに部屋の床に押し倒して激しいキスをするラブシーンまで流れ、これを見た女性ファンは「江口洋介うわああああかっけえー!!」「オトナ女子の江口洋介が可愛らしすぎてニヤける」「はよ来週。はよ!」「なんか可愛いしカッコいいしエロいしたまらん」「40オーバーの俳優のこの感じがたまらん」「キュンキュンしたわ~」「江口洋介が押し倒してちゅーしたの見て鼻血でそうになった」「てか鼻血でたw」「江口洋介の『どうしても会いたくて』にやられた」「江口洋介のアゴクイやべえ!!!」など多くの声が挙がっている。

https://youtu.be/Qgivf-eCHM8


■参照リンク
『オトナ女子』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/otona_joshi/

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む