亡くなったラグビー界の若きレジェンドに捧げる!涙の「ハカ」が男気すぎる

AOLニュース編集部 捜査二課



若くして亡くなったラグビー界のレジェンドを追悼するために、元チームメイトたちが披露した"ハカ"が「感動的すぎる」と話題になっている。

https://youtu.be/GrI_GW9DAfI


ラグビー元ニュージーランド代表にしてオールブラックスのジョナ・ロムー選手が、2015年11月18日に40歳の若さで死去。スタジアムで行われた彼の追悼式で、元チームメイトらが伝統的なハカを披露した。

ハカといえば、ニュージーランド先住民であるマオリ族の民族舞踊だが、オールブラックスが国際試合前に踊ることで知られている。元チームメイトらは悲しみをこらえ、彼の棺がフィールドに運ばれるあいだ、力強い雄叫びを上げ、足を激しく踏み鳴らし、お別れのハカを舞った。

ロムー選手への敬意を表す涙のハカに、ネット上でも

「素晴らしい」
「見るたびに泣ける。すごく力強い」
「R.I.P. ジョナ」
「彼はレジェンドだ」
「素晴らしい選手で、素晴らしい人間だった」

と、故人を追悼するコメントが世界中から寄せられている。

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング