【号泣】クリスマス&おじいちゃんだから許されるかもしれない感動CMが話題に

AOLニュース編集部 捜査二課


「クリスマスくらいは、離れて暮らす子供たちの顔が見たい」...そんなおじいちゃんの思いを斬新な設定で描いたドイツ最大のスーパー<EDEKA>のCMが「号泣モノ」だと話題だ。

https://www.youtube.com/watch?v=V6-0kYhqoRo


欧米では家族が集まるクリスマスシーズンだが、仕事が忙しく休みが取れなかったり、それぞれの抱える事情もあったりで、年に一度の家族集合が難しいことも。

留守番電話で再生された、娘からの「今年のクリスマスにはそっちに行けなさそう。来年はきっと。メリー・クリスマス、パパ」というメッセージ。それを聞いてさびしそうな顔をするおじいちゃん。その視線の先には、久しぶりの再会を果たしているらしい近所の一家の姿があった。それを見たおじいちゃんには、孫からの「メリー・クリスマス、おじいちゃん!」の言葉もむなしく響く。そしておじいちゃんは、広いテーブルにたった1人座り、黙々と食事をとるのだった...。

場面は変わり、アジアらしき雑踏でスーツ姿の男性が届いたメールを、また家の中では子供を抱えた女性がカードを、そして病院では医師の男性が携帯に届いたメールを読もうとしていた。どうやらこの3人はおじいちゃんの息子と娘らしい。

それはおじいちゃんの死を知らせるもので、急いで乗り込んだタクシーの中で泣きだしたり、激しく落ち込んだりする3人。離れ離れに暮らす彼らは、おじいちゃんの家を目指すのだった。

家の前で再会を果たす3人。だがその表情は悲しみでいっぱいだ。そして家の中に入るのだが、そこにはテーブルいっぱいにセッティングされた食器と共に、ろうそくの火がともされていた。事態を飲み込めず、顔を見合わせる彼ら。するとその前に、"死んだはず"のおじいちゃんが姿を現した。

驚く息子や娘に「お前たちを集めるのに、これ以外の方法はあるか?」と問いかけるおじいちゃん。最後には「ふるさとに帰る時ですよ」というメッセージが出ていた。またCMを見た人からも「やばい、目から水が(泣)」「家族の大切さに気が付いたよ。メリー・クリスマス!」といった声が寄せられていた。

【参照リンク】
・German Grocery Store EDEKA Christmas Commercial About Lonely Grandpa Will Melt Your Heart - Viral Viral Videos
http://www.viralviralvideos.com/2015/12/07/german-grocery-store-edeka-christmas-commercial-about-lonely-grandpa-will-melt-your-heart/
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング