『格付け』GACKTの「牛肉」に対する表現が一流すぎるとネット上で話題に 「タダ者じゃねえわw」


1月1日元旦夜に放送されたテレビ朝日系の人気バラエティ特番『ABC創立65周年記念芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2016お正月スペシャル』に、人気歌手のGACKTが登場。番組中で垣間見せたその一流ぶりが、視聴者の間で話題となっている。


この日、同番組では「一流」と目される有名芸能人たちが集まり、その感覚を試すべく、音感や味覚など様々なテストを行ったが、その中で登場した個人戦41連勝中のGACKTは、チームとしての連勝こそ逃したものの、個人としては連勝を重ね、チェック6の「牛肉」の項目で、慎重にテイスティングを行った上で「飛騨牛っていうのは筋肉の繊維質がすごく細かいんだよね。口の中に入れて、舌の上で、こうなんていうのかな...筋肉の身をつぶしたときのその感じ...この感触っていうのは、B(の肉)だろうな...」と語るなど見事、その特徴を解説した上で正解するという離れ業を披露することに。

そのため、これを観たネット上の視聴者からは「すげえwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」「おいおいすげえなガク兄さんw」「すごすぎるわwwww」「やっぱがっくんはタダ者じゃねえわwwwww」「GACKTは肉好きやと言うてるし...多少はね?」「まさかの連勝記録継続wwwwwwwww」「やっぱ本物の一流は違うな」といった声が相次ぐことに。

GACKTと言えば、これまでも同番組で好成績を収め続け、その不敗神話から、同番組においてはぶっち切りの「一流ぶり」を披露し続けてきたが、今回の成績もまた、過去の実績をそのままなぞるような抜群のものであるだけに、今後もその「一流ぶり」に巷の注目が集まりそうな気配だ。



■参照リンク
『芸能人格付けチェック!』公式サイト
http://asahi.co.jp/kakuzuke/

続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング