明石家さんまの神すぎるファン対応が「カッコよすぎる」と話題に

藤井一成

1月5日夜に放送された『超踊る!さんま御殿!!恋のから騒ぎ大復活!新春4時間初笑いSP』(日本テレビ)に、俳優・坂上忍が登場。番組中で語った明石家さんまの"神対応"が、あまりにかっこよすぎると視聴者の間で話題となっている。


〈話題の人SP〉ブロックのゲストとして登場した坂上は、「ついこの間のことなんですけど。大阪でさんまさんの番組出させていただいて収録が終わって、僕新幹線乗って東京へ帰ろうとしてたら、嬌声が聞こえたんですよね『きゃ~きゃ~きゃ~!』みたいな。それで誰かアイドルでも来たのかなと思ったらさんまさんだった」と、移動の際に新幹線で明石家と遭遇した際のエピソードを語り始め、その時の様子について、「噂には聞いてたんだけど、さんまさんのところにみんなサイン。もう、(わざわざ電車に)乗っかって求めに...それでこんなサインあんのよ、それ全部書くの」と、さんまがファンから求められた大量のサインを断ることなく応じていたことを紹介。しかもその後、喫煙所で遭遇した男性から写メの撮影を求めれた際に断ったという坂上は、同じ男性がさんまに対しても撮影を求めた場面に遭遇。しかしその際にも「(さんまは)『ええでええで!』って言って撮るのよ。俺風情が断った後に、さんまさんが肩組みながらこんなんなって撮ってるの見たら情けなくなった」と、自身の行動を比較して「ここ何年かで一番反省した」と告白。しかもこれだけでは終わらず、今度は通路を挟んで反対側に赤ちゃん連れの客が座った際も、赤ちゃんを抱っこしてみせるなどのファンサービスを全力でしまくっていたことなどを語ったことから、スタジオのゲストからは驚きの声が。

こうした自身の神対応に、「いやいやこれは人それぞれやて。違う番組でも言うてんけど、しんどいねん、断るのが」と謙遜する明石家であったが、これにはネット上の視聴者からも「ぐう聖」「やっぱさんまさんは良い意味で特殊だと思う」「めっちゃかっこいいおっさん」「なんだかんだでファンを大切にする」「キムタクと仲良いのもわかる気がする」「まさにファンサービス怪獣」といった声が相次ぐことに。明石家と言えば、その国民的な人気ぶりに奢ることなく、ファンに対して気さくに握手や記念撮影に応じるなどの神対応ぶりが、これまでも明かされてきたが、今回、坂上によって明かされた逸話もまたなかなかのもの。やはりこうした彼の人柄が人気者たるゆえんであるのかもしれない。





■参照リンク
『踊る!さんま御殿!!』公式サイト(毎週火曜よる7時56分から日本テレビ系列にて放送中)
ntv.co.jp/goten

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
Watch

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング