世界一細いウェストを手に入れるため、肋骨を6本抜いた美女モデルが話題に【動画】

3番DHブライアント


世界で最も細いウェストを手に入れるため、なんと親からもらった大事な肋骨を6本も抜いたという女性が現れた。

https://youtu.be/xNk7G3kw2oc


スウェーデン出身で、現在はアメリカ・ノースカロライナ州を拠点とするモデルのピクシー・フォックスさん(25)は、以前から細いウェストに憧れており毎日コルセットをつける生活を送りながら、なんとわずか18インチ(約45センチ)の柳腰を手に入れたのだが、本人はこれでも満足しなかったようで、70,000万ドル(約830万円)をかけ、肋骨を6本抜くという大手術を強行。そうして手に入れた14インチ(約35センチ)の激細腰に、本人は「見た目ほど悪くないのよ。私は大満足!」とゴキゲンである。

ちなみにピクシーさんにとって、整形手術はこれが初めてではなく、既に15回"お直し"を経験している猛者。唇ぷっくり手術からはじまり、太もも、お尻、頬、豊胸4回、鼻4回、ボトックスなど、メインどころはほぼ手を入れているというから筋金入りだ。

ちなみに肋骨を除去する手術は4時間もかけて行われたそうだが、結果、彼女は望み通り、世界で一番細いウェストを手に入れることができたそう。医者はこの手術に対し、健康上のリスクを伴うと注意しているが、「自分がしたことに後悔はない」とピクシーさんは語っている。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング