『あさが来た』名脇役・亀助の幸せにネット上で祝福の声が殺到!「全俺が泣いた」「今日の亀助は漢​」

ホビット 怒りのアフガン

1月8日に放送されたNHK朝の連続ドラマ『あさが来た』で、今週は人気の脇役のひとりである亀助(三宅弘城)にスポットがあたり、亀助がやっとの想いで掴んだ幸せにネット上で祝福の声が殺到している。


亀助は、「加野屋」の中番頭で、新次郎(玉木宏)とも仲が良い面倒見のよいお兄ちゃんといった役どころ。お調子者でドジ、どこか損な役回りでありながらも、ファンの間では"和みキャラ"として人気を誇っている。今週はそんな亀助が、長らく想いを寄せていたお付きのふゆ(清原果耶)との恋の進展にスポットがあたるという、珍しい週だった。

親の決めた相手との結婚に悩むふゆ。新次郎に秘めた淡い想いを持ち続けていたふゆの気持ちを察し、自分の想いとはよそに、ふゆの理解者になろうと、何かと「イイお兄ちゃん」を演じてきた亀助だが、今回は違ったのだ。

突然加野屋に怒鳴りこんで来るふゆの父と縁談相手。なんでもふゆと加野屋の男が街中で親しくしている様子を見たという情報を訊き、ふゆに罵声を浴びせ暴力をふるう父。そんな父に勇敢にも立ち向かったのが亀助だ。普段はへっぴり腰の亀助が好きな女性のために、ふゆの父と互角に立ち向かい、ふゆを守ろうとする亀助。そんな亀助の行動に胸を打たれたのか、ふゆは亀助の渾身のプロポーズに、声を震わせながら「お嫁さんにしてください」と承諾したのだ。

この亀助のハイライトと幸せな結末にネット上も大祝福状態に!「亀助さん、マジサイコー!」「今日の亀助は漢」「少女マンガ的要素満載じゃないですか!亀助さん、かっこよかったなー」「亀助さんの本当の姿に世の女子は心打たれるのだ」「亀助に春が・・・ダメだ涙が・・・」「遂にヤッタな!亀助」「全俺が泣いた!」など多くの声が殺到、しばらくトレンド入りを見せる賑わいを見せた。



■参照リンク
『あさが来た』公式サイト
http://www.nhk.or.jp/asagakita/index.html

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング