漫画家・蛭子能収、自身初となる番組MCにネット上から熱視線 「まさかのMC起用www」「いろいろ楽しみすぎる」

藤井一成

1月5日深夜に放送された『蛭子の図解の経典』(テレビ東京)で、漫画家でタレントの蛭子能収が自身初となる番組MCに挑戦。早くもその内容が、視聴者の間で話題となっている。


この日、番組のコンセプトにあわせる形で、僧侶の姿で登場した蛭子は、タイトルコールをするなり、共演のNON STYLE・石田から「もうおもしろい。もうすでにおもしろい」と苦笑され、麒麟・川島からも「一個確認なんですけど、ドッキリではないですよね?ちゃんとした番組ですよね?」とツッコミをくらった。その個性的な衣装について質問されると、「これはね、俺もなんもわからないままに、衣装さんがやってきて...」とストレートすぎるコメントを披露するなど、なんとも怪しげな雰囲気で番組がスタート。しかしその後は、カンペを棒読みしたり進行中に噛み続けるなど終始たどたどしい様子ではあったものの、なんとか番組を進行。イラストの腕前に定評のある倉持明日香らの名アシストや、狩野恵里アナのサポートもあって、なんとか放送を終えることに。

こうした蛭子のMCぶりについて、ネット上の視聴者からは「まさかのMC起用wwwww」「いろいろと楽しみ www」「やっぱ蛭子さんは制御きかない感じが秀逸すぎるwww」「見ている側がハラハラする司会って斬新w」といった声が。蛭子といえば、これまでバラエティ番組などにおいても、ゲスト側でその独特な個性を発揮し続けてきたが、今回は自身がすべてを取り仕切るMC側。今後はその個性を生かした極めて個性的な番組MCとしての一面にもに注目が集まりそうな気配だ。


■参照リンク
『蛭子の図解の経典』(テレビ東京系列) テレコムスタッフブログ
www.telecomstaff.co.jp/blog/
狩野恵里 Twitter
https://twitter.com/kano_eri

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング