ドラマ『ふなっしー探偵』が「意外と見応えがある」と話題に 「歴史に残る迷作」「『ゲスの極み』連呼www」


スペシャルドラマ『スペシャルドラマふなっしー探偵 爆弾魔の陰謀から1300万人の命を守れ!!』(フジテレビ)が放送された1月7日夜、そのあまりに個性的な内容に、視聴者から実に様々な声が巻き起こっている。


代々警察官として勤める家に生まれ、自身も刑事として活躍中の平塚平助(アンジャッシュ・児嶋一哉)が、実家に棲む妖精で"探偵"のふなっしーと、謎すぎるタッグを組むことで難事件を解決するというこのドラマ、そのぶっ飛んだ設定から放送前の時点でもかなり話題となっていた。実際に放送されたこの日、ネット上の視聴者からは「意外とまともなドラマでびびったw」「設定がカオスなのに内容的には意外と本格派というwww」「ちょっと泣けてきた自分がいるwww」「昔やった"きんさんぎんさん"的なやつかと思ったらがっつりふなっしーが主役扱いになってるwww」「少なくとも歴史に残る迷作であることは間違いないなwwww」といった様々な声が。

また、冒頭の逮捕シーンで登場したハマカーン・浜谷が、その持ちネタである「ゲスの極み!」を連呼し、それがこのところ巷で注目を集めている話題とはからずもベストマッチしてしまったことから、「冒頭の『ゲスの極み』連呼www」「なにこれ生放送??」「すげえ偶然の一致www」「まさかのタイミングwww」という声も。

とはいえ、多くの視聴者が指摘しているように、こうしたぶっ飛び系の設定であるにもかかわらず、ふなっしー&平塚刑事が対決することとなったのが爆弾魔であったり、爆弾事件と共に誘拐事件が発生したり、刑事ドラマとしてはある意味、王道のストーリー。その設定こそ異色系ではあるものの、多くの視聴者にとっては見ごたえ十分の作品であったようだ。





■参照リンク
『ふなっしー探偵』公式サイト(フジテレビ)
www.fujitv.co.jp/funassyi_tantei/
ふなっしー Twitter
https://twitter.com/funassyi

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む