オリンピックに出場するアスリートたちがとてつもないフィジカルの持ち主であることを頭ではわかっていても、「実際にどれほど凄いのか?」との問いに答えることが出来る人は競技者以外にそれほど多くないはずだ。ナイジェリア出身、ノルウェー代表として五輪の100メートル走にも出場したノルウェー最速の女性陸上選手、エシンネ・オクパラエボは、階段をジャンプする映像でそのスゴさを伝えている。

Stair Jumps 🐸 #ForeverFaster #kallasmanagement

Ezinne Okparaeboさん(@_ezinne_)が投稿した動画 -


彼女が自身のインスタグラムに投稿した映像はiPhoneのスローモーション撮影機能を駆使したもの。競技場の階段を6−7段連続で軽々と飛び、5回のジャンプで楽々と上階の28段まで到達する。バランス感覚の問題も含め、一般人ならせいぜい3-4段飛べるか飛べないかというレベルだろう。やはり現役アスリートの跳躍力は凄い。しかし、彼女よりも凄い男子選手、例えばウサイン・ボルトのような頂点を極めた選手がこの28段に挑戦したら何回で到達するのか気になるところだ。

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】