松井、バティスタら世界の野球選手が魅せた!名「バット投げ」シーンを集めた映像が胸アツすぎる

ケーフェイ・ライバック


MLBを中心に海外の野球ファンの間で謎すぎる熱い人気を誇るホームラン後の「バットフリップ」シーン。先日も元・広島、グスマンのベネズエラ・ウィンターリーグでの豪快な満塁バットフリップが話題になったが、MLB&世界の名バット投げパフォーマンスの集めた映像を紹介したいと思う。


昨年2015年、MLB最高のバット投げは、トロント・ブルージェイズのバティスタのレンジャースとのプレーオフ戦で放った逆転3ラン。拮抗した試合で打つべき人がホームゲームで放った超特大のホームランという最高の材料が揃った1発。ホームラン後のフルスイングの反動から、無意識かつしなやかに生まれる所作、どれもアドレナリン全開ということもあり荒ぶる姿もカッコいい。

海外で紹介された名だたるホームランアーティストによるバットフリップ集。松井秀喜なども選ばれているが、日本人で名人芸として讃えられているのは中村紀洋。特に全盛期、近鉄時代のノリさんの神掛かりのバットフリップはNPB史上に残る名シーン揃い。オールド野球ファンとしては1992年7月5日ヤクルト-巨人戦での原辰徳の気迫のHRからのバット放り投げも捨てがたい。

オフシーズンの野球ファン、以前はキャンプまでは移籍動向を見るくらいしか楽しみがなかったが、最近では膨大なプレイ動画もネット上に溢れている。華麗な守備、華麗な打撃と同様に、ニッチすぎるバットフリップのアーティストに注目してみるのも良いかもしれない。

https://youtu.be/Sff0F0kH4GM


https://youtu.be/WBne4CokKBU


https://youtu.be/8EOotZPM4x4



■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
Watch

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング