究極の掟破り!1974年W杯におけるザイール代表選手のありえないFK封じが未だにレジェンド級と話題に【動画】

ケーフェイ・ライバック


アフリカ勢のパイオニアとして1974年西ドイツ大会でワールドカップ初出場を果たしたザイール共和国(現・コンゴ民主共和国)。試合は1次リーグで3連敗、1点も得点できずに終わったが、サッカー史上に残る珍プレーで爪あとを残したことでも知られる。

https://youtu.be/fGRRA7wCw9w


グループリーグ最後の試合、2戦目のユーゴスラビア戦で0-9と惨敗し、トーナメント出場はすでになかったザイールだが、3戦目の強豪ブラジル戦においてその"奇跡"のプレーは起きる。

ゴール前でブラジルにフリーキックを献上したザイールの選手たちは壁を作る。しかし、審判が笛を吹いた瞬間、ザイール代表、ンウェプ・イルンガが、何を思ったか壁の中から飛び出し、ブラジルのフリーキックボールを逆方向に蹴り上げたのだ。当然ながら審判はイエローカードを提示。W杯代表のチームとしては「ルールを知らなかった」はさすがに通用しないし、敗退が決まってヤケクソだったとしても、なかなかできるものではないプレー。

余りにもレジェンドすぎて、40年以上経過してもなお語られるこの珍プレー。未だにイルンガのTシャツが作られたり、レゴでシーンが再現されたりと、数ある好プレーよりも人々の記憶に残っているのはなんとも皮肉である。

https://youtu.be/F-0McgbEvRI


■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
Watch

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング