新NHK大河ドラマ『真田丸』、初回放送からネット上でも絶賛の嵐 「これは期待!」「来週が楽しみすぎる」

藤井一成

新大河ドラマ『真田丸』(NHK)が放送された1月10日夜、視聴者の間では作品を称賛する声が相次いだ。


初回放送となったこの日、作中では織田・徳川連合軍の猛攻に遭う中、真田家の行く末のための重要な選択を迫られるという展開となった。こうした状況の中で、主人公の真田信繁(=幸村)を演じた堺雅人は、草刈正雄(信繁の父・昌幸役)や、大泉洋(信繁の兄・信幸役)といった演技派俳優と共に好演を見せ、吉田鋼太郎(織田信長役)の個性派キャストの活躍もあいまって、実に見応えのある内容になった。この放送を観た視聴者からは、「これは期待できるな!」「来週がめっちゃくちゃ楽しみ」「キャストが豪華すぎw」「吉田鋼太郎の信長って新鮮だけどMOZUみたいにちょっといっちゃってる感がいいよな」「公式で見たんだど藤岡弘、の本多忠勝が気になってしょうがないw」「近藤正臣の本多正信もいいけど、北条家に高島弟っていうのもなかなかw」といったドラマへの期待の声が巻き起こった。

昨年行われた制作発表の段階から、既に大きな注目を集めていた本作。その大半は主演である堺雅人に関する話題であったが、信繁の父役をつとめる草刈正雄も、若き日に同局の歴史ドラマ『真田太平記』で信繁を演じている。そうした、時代や作品の垣根を越えた"二人の幸村"の競演にも注目しつつ、じっくりと見守りたい作品と言えそうだ。



■参照リンク
『真田丸』公式サイト(毎週日曜午後8時からNHKにて放送)
www.nhk.or.jp/sanadamaru/

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
Watch

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング